読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I'm curious about... -コレが気になる-

技術系サラリーマンの生活実験

【逸品紹介】FABER-CASTELL Perfect Pencil

みなさん普段の筆記具は何をご使用でしょうか。

 

私はボールペンは三菱のJETSTREAMを愛用しています。なんといってもそのなめらかな書き心地にストレスを感じず、まさにスラスラ書ける、傑作だと感じています。

 

同じく筆記具として愛用しているのが、なんといっても「鉛筆」です。今使っている鉛筆がだいぶちびてきたので、新しい鉛筆を買ってきました。それが今回のエントリのタイトルで紹介したい、FABER-CASTELLの「Perfect Pencil」であります。

パーフェクトペンシル - パーフェクトペンシル - 筆記具 - Graf von Faber-Castell

f:id:tkcx3110:20160427234507j:image

ちびてきた下側は印字も剥げてしまいました。今回東急ハンズには黒しか在庫がありませんでした。

 

私が愛用しているのは、何年も前に妻がプレゼントしてくれた「Perfect Pencil UFO」です。「Perfect Pencil」は、消しゴム付き鉛筆とキャップがセットになったもので、鉛筆を交換してキャップは長年使い続けて来ました。交換用鉛筆の取扱い店が少ないのが玉にキズ。

 

クリップ付きのこのキャップが特徴的で、中に鉛筆削りが仕込んであります。

f:id:tkcx3110:20160427234515j:image
これがなかなかしっかりした作りで、まともに鉛筆を削ることができます。
謳い文句としては「書く、消す、削る、筆先を守る」が一体となってまさに「Perfect Pencil」とのこと。鉛筆としての書き心地も申し分なく、使っていて気分の良い道具とはまさにこの事だと思います。
 
FABER-CASTELLの鉛筆へのこだわりはちょっと飛び抜けていて、特に「Perfect Pencil」への力の入れようは半端無く、目玉が飛び出る金額のセットも存在します。下位モデルでも十分高いのですが、それだけに所有欲を満足させてくれる、「アガる」筆記具であります。何か気の利いた筆記具をお探しの方に地震を持ってオススメしたいものです。
 
シャープペンシル」という選択肢ももちろん有りですが、資格試験などでのマークシートの記入には断然鉛筆に軍配が上がります。また、問題を考えている最中に鉛筆を削ると、不思議と考えがまとまるもので、その点も気に入っています。試験中はゴミ箱が無いので、付属の鉛筆削りではなくケース付きの物を使っていますが。

f:id:tkcx3110:20160427234525j:plain

2段階の削り分けが可能。愛用してます。

 
さて、「鉛筆」の何をもって「鉛筆」というかですが、芯の材料の主成分が「黒鉛」であることに由来します。「黒鉛」は炭素結晶の一つですが、特徴として
 
・粒子が細かい粉末が作れる
・油分を含まないが潤滑性がある
・炭素結晶のため導電性が高い
 
が上げられます。そのため、その特徴を「鉛筆」は筆記具以外でも大変用途が広いのです。
用途に関しては私が敬愛する山本智也氏のWebサイト、「.− TODAY'S REMARK − 今日の必ずトクする一言」のエントリ「特殊接点復活剤コンタクトZのナゾ」を読んでいただきたい。今から15年近く前の記事です。
 
筆記具としてだけでなく、電極の接点復活剤、鍵穴やサッシの潤滑剤として、幅広い用途のある「鉛筆」。みなさんのペンケースにもぜひ1本いかがでしょうか。