読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I'm curious about... -コレが気になる-

技術系サラリーマンの生活実験

【書評】あなたの人生の物語 著:テッド・チャン

正月休みの間に読んだ小説で、特別感動を覚えたのが本書です。

 

あなたの人生の物語

あなたの人生の物語

 

 

SFがメインの短編小説集で、どれも面白く読めたのですが、特に表題作の「あなたの人生の物語」が素晴らしかった。エイリアンとのファーストコンタクトが設定の作品で、1回読んだだけでも十分楽しめたのですが、どうにも理解が追いつかない部分があり、結局2日間で3回も読み直してしまいました。

 

3回読み直してやっと話の全貌が理解でき、唸ってしまいました。

私なりの解釈として、本作のキーワードは「ものの見方」です。

何かの事象に対して、観測者が違う、または観測者が同じでも観測する方法が違う場合、その事象の「意味」は変わってきます。だから私は「真実はいつも1つ」とのたまう名探偵が嫌いです。

 

人類もエイリアンも同じ宇宙に住んでいるわけですが、進化した過程が違うので、宇宙に対するものの見方が違います。その違いを描いているだけで十分に面白かったのですが、物語の仕掛けには目立つのになかなか気づけませんでした。私の視野が狭い証拠ですね。

 

なお、本作を原作とした映画が2017年5月に日本でも公開されるそうです。

www.message-movie.jp

本作は映画化できそうな気がしますが、原作の良さを活かして映像化できるのか?期待はずれに終わらないことを願いたいです。これは見に行きます。

・・・ソニー・ピクチャーズのサイトの「メッセージ」という表記、「セ」だけフォントがリュウミンですね。何か意味を込めたのでしょうか。気になります。

 

「メッセージ」を見に行く予定の方、ぜひ原作である本書を読まれる事をオススメします。

 

ちなみに、ファーストコンタクト物の映画では、私は「コンタクト」が一番好きです。

冒頭のセリフ「大きな望遠鏡が欲しいわ」からのシーンの切り替えが大好きなんです。

コンタクト (字幕版)

コンタクト (字幕版)

 

 「ものの見方」の違いを楽しませてくれるのがファーストコンタクト物の良さだと思います。探せばいろいろあるファーストコンタクト物、今年はもっと読んでみたいと思います。